電子デバイスニュース : 株式会社シアル

HOME > 電子デバイス事業 > 電子デバイスニュース


電子デバイスニュース

2014年3月
香港にSIAL ELECTRONICS (HK) LIMITEDを設立
2013年1月
「NSCoreが開発した世界のFABの標準ロジックプロセスで使える書き替え可能なメモリIP」をシアルが販売開始。
日本国内ではシアルが唯一の代理店です。是非ご相談ください。
2012年8月
レスキューロボットコンテストにAVRマイコン開発セットを提供し協賛会社となりました。
2012年5月
高信頼性のSSD等で有名な米国Unigen社の代理店としてSSD、SDカード、CFカード、DIMM、Wirelessモジュール等の販売を開始。
Unigen社は製品の開発評価から製造検査までの全てを一貫して自社で行うことにより、製品に責任を持った信頼性の高いものを提供しています。
また、半導体の部品を大量に購入していることにより、高品質でありながらコストを抑えることができています。
またBOM固定での出荷にも対応しています。ぜひご相談ください。
2012年1月
物体検知センサー「SIVIC-1100」を販売開始。
3センチ程度の基板に低解像度のCMOSセンサー(64×64)とコントローラを搭載しており、
電源とIOを繋ぐだけで簡単にマイコンやFPGAと接続できます。パソコンに接続して物体の移動を検知するなどの応用が出来ます。
低画質なためプライバシーに配慮した活用ができるセンサーです。

詳しくはこちらLinkIcon

2012年8月
レスキューロボットコンテストにSIVIC-1100を提供し協賛会社となりました。

レスキューロボットコンテストのホームページはこちらLinkIcon